ホルモン負荷試験

ホルモン負荷試験

周期1日 36.53℃
周期2日 36.47℃(カバサール服用)
周期3日 36.51℃
周期4日 36.51℃


ちゃっかり(?)リセットしちゃった
おしゃまな(?!)オンナノコ(!)…ヒカコです。
いちいち反応しなーい!

すっかりさっぱりの低温街道をばく進中。オラオラドケドケ!
あはぁ〜ん…つ・ま・ん・な・い☆
(鼻の下に鉛筆をはさんで頬杖)


あ!そだそだ!ワッスレッテター!
「ホルモン負荷試験」の検査結果が出ましたのでご報告いたします(スチャ


ホルモン負荷試験…とりあえず気持ち悪い検査でした。
ホルモン(なんだったのだろう?)を注入して30分間ベッドで横になるだけの検査。
注射された途端、体中の血管が縮むようなカンジになり…
乗り物酔いをしているみたいに気分が悪くなりました。
しかし!そこは持ち前のガッツとど根性でクリア!ヤッタネ☆

んで、検査結果です。

TSH(CLIA)   2.63
負荷試験LH前   7.0
負荷試験LH30分  25.7
負荷試験FSH前   9.3
負荷試験FSH30分  14.0
負荷試験PRL前   6.7
負荷試験PRL30分  90.5
FT4(CLIA)   1.0
FT3(CLIA)   2.8
エストラジオール(ECLI ) 44
テストステロン血(ECLI) 39


ぶはーーーー!書き写すの疲れたーー!
ほとんどさっぱりの結果なのですが…
(説明は聞いたんだけど…アタイのオツムじゃ…トンチンカンチン)


ひとつだけ!問題発覚!問題発覚!
ウウーー!ウウウー!
(柳沢慎吾のパトカー風で手をチラチラさせて/でも目は鋭い)


負荷試験PRL30分  90.5

ハイ!これ注目ー☆
プロラクチンというお乳を出すホルモンが!高い!らしい!
コレ、タカイ、ニンシン、シニクイ。らしい!ウヒー!
プロラクチン!アッチ行って!シッシッ!

排卵障害や着床障害を招く憎きヤツ!
おお!これか?原因はこれなのか?!
…と親友のインターネット君に調べてもらうと…

私のようなホルモン注入後のプロラクチンが高い人を「潜在性高プロラクチン血症」と診断されるらしいのですが…先生からはこのような言葉はいただきませんでした…ホワイ?

病院から「カバサール」というお薬をもらい生理2日目に服用しました。
あふーーーっん。
めちゃ小さい薬のくせに持続性がものすごいらしい。
後は9日目にもう一回飲むだけでよいらしい。
たのもしいヤ・ツ☆


これで妊娠できたらハッピハッピー(旧コアラ)☆

| | コメント (15)